# we know projectについて

活動コンセプト

# we know project ~分かる、判る、解る~

今こそヘルスリテラシーを高めて、すべてのミクロリスクがない安心空間を

新型コロナウイルスを発端として、社会において、ウイルス感染に対する関心が極めて高くなってまいりました。

外出は自粛、仕事はテレワーク、「social distancing」が標準化し、人と人との距離が離れてしまう世界に。
対面での経済活動は非常に貴重なものになっていきます。このような環境だからこそ、私たちサービス業が主体となって、公衆衛生のリテラシーと、そもそも正しい健康免疫リテラシーを高めて、自分たち自身が自立をしていくべきだと考えております。

プロジェクトの目的

いまの環境における公衆衛生に対して、サービス業が取るべき姿勢を明確にし、強い経営を行っていく。

サービス業を営む経営者ならびにスタッフが学び、発信するプロジェクトとして、

  1. スタッフ様に対する正しい知識見識の共有・教育(スタッフが学ぶ)
  2. 参画店舗の活動内容の共有・発信(スタッフが発信する)

を行い、リスクゼロで、ご自宅よりも安全安心な空間を提供する。

運用団体

名称一般社団法人 公衆衛生地域振興協会
理事

内藤 眞禮生 / 内藤医院院長 慶應義塾大学大学医学部卒、メルボルン大学医学部卒
折田 久美 / 大阪市立大学大学院医学研究科
鈴木 龍介 / 北里大学 医学博士
黒田 祐二 / B-by-C株式会社

事務局B-by-C株式会社
TEL03-3524-3600
住所東京都中央区銀座2-11-8

 

>#We know プロジェクト

#We know プロジェクト

「正しい情報を知って、自分で考える」
「わかって、判断して、正しい答えを自分で見つける」
これからは、メディアに踊らされずに、自分で判断する